Challenge 4mini RACE

4ミニレースのビックイベント「鈴鹿ミニモト4耐」に、もてぎの「DE耐」にチャレンジ! バイク造りやレースレポートを公開します。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-30

定期検診

ケガをしてから4週目。前回の検診から2週間経ち、病院へ行ってきました。3箇所の何れも新しい骨が出来始め、順調な回復であるとの見解をもらいました。
いままで着けていた鎖骨の固定ベルトは今日をもって役目を終えました。
0630sapo.jpg

1ヶ月間腕を上げなかったので、右肩の筋肉が固まっているので、これからは少しずつ動かしてリハビリに入ります。
   ↓
ブログランキングへ投票をお願いします
スポンサーサイト
2006-06-29

今日は鈴鹿...のはずでした

今日は鈴鹿ミニモト4耐向けの走行会としては、最後の走行会でしたが、エントリーはしていたものの、マシン、体ともに満足な状態ではないので、走行をキャンセルしました。

まだ夜間走行も経験しておらず、決勝までにはこなさなければならないテストもありますが、ここは本番に向けてしっかりと準備を整えたいと思います。
 ↓

ブログランキングへ投票をお願いします
2006-06-27

右手がにぎれた...

鈴鹿のケガから4週間になりますが、なかなか右手の握力が戻らず、箸も満足に使えない状況でしたが、ようやく手を握れる程度に腫れが引いてきました。
0627RH.jpg

小指の骨折箇所が回復してこないと、握力は回復してきませんが、握れるだけでも回復した気がしてきます。

29日の鈴鹿走行会に走れないのは残念ですが、あせらず本番に集中したいと思います。
 ↓
ブログランキングへ投票をお願いします
2006-06-25

SUGOのスポーツ走行へ

SUGO選手権を目前に、急遽スポーツ走行が追加された為、スポーツ走行に行ってきました。とは言っても、自分ではまだまだ走れないので、チームメートのピットとしての参加です。
早朝4:00に長岡市を出発して、向かったところ何時に無く早く到着して7:30過ぎにはピットに入る事ができました。
しかしいきなり目の前には前回のレース同様、もの凄い霧が立ち込めています。
0625mon.jpg

濃霧の中、貸切の一般車による2輪走行が始まりましたが、視界は100m?と思うほどの悪さで、レースであれば、中止でも不思議では無いコンディションでした。

走行は10:00が一番最初で、この時間に合わせて準備を進め、霧の晴れるのを待ちます。
0625rs2.jpg

霧の状態は一進一退ながら、走るには充分な状態まで回復して10:30に走行開始。目標は先回の練習で出したタイムを1秒強短縮する事にして、まだ霧の残る中、走行を始めました。
0625rs1.jpg

タイム計測は自己計測に任せて、コースのあちこちから走りを見て、気づいた点を確認していきます。まだまだタイムも上昇途中なので、課題は沢山。1コーナー上、3コーナー外と場所を移動して確認してみました。
コンディションの悪さもあり、1本目は目標には届かず、セッティングを確認し、走行中に確認した指摘事項を伝えて、2回目の走行に臨みます。

2回目は12:30からの走行。
霧もほぼ問題の無いレベルになり、コンディションはほぼドライでスタートしたものの、途中で霧の粒が雨に近い位の大きさになってくるなど、なかなかベストにはなりません。
0625no2.jpg

途中メインジェットの交換も行いながら、セッティングも詰めて行くものの、結局1回目の走行よりはタイムを若干上回るだけで終わり、目標タイムには届かずじまいでした。
まだまだ課題は多く、走行後にウイナーズサロン屋上から他のライダーの走りを見ながら、改めて課題の確認をしてみました。
本番は来週なので、時間はありませんが、今度こそ目標タイムに届いて欲しいものです。

  ↓
ブログランキングへ投票をお願いします
2006-06-24

プチ スクール

体が回復してこないと、乗ることはおろか、修理も間々ならないので、今日は空き地でツーリングクラブの仲間が、プチライディングスクールを企画したので、顔を出してきました。
広大な空き地はパイロンを並べてコースを作っても充分に余裕があり、近くに民家も無いので、気兼ね無く乗ることが出来ます。
0624SCHO.jpg

10:00位から14:30まで色々なコースで車種も変えながら、課題をこなしてもらいましたが、さすがに見本が見せられないので、言葉で課題を説明したものの、説明するのも意外に大変だと気づきました。

日光浴も骨の形成には大切なので、リハビリにも最適な一日でした。

ブログランキングへ投票をお願いします
2006-06-17

鈴鹿マシンのライト取り付け

朝少し早起きをして、群馬まで鈴鹿を走行するマシンの造り込みを手伝ってきました。懸案となっているフロントのライトやテールライトを取り付けるのが主な目的です。
多くのチームはノーマルを使用してライトを取り付けるか、バッテリーを利用してライトを点灯させるようですが、我々は社外のアウターローターからの出力をライトに使用する予定です。
アウターローターの交流出力に対してまずは、ライトが点灯するか?を確認し、テスターで出力を確認した後に、スイッチなどを本格的に配線しました。
テールランプは市販車のような取り付けになりました。
0616rear.jpg


フロントはこんな感じ
0616front.jpg

いずれも前回の鈴鹿で車両相談にて確認した位置なので、問題は無いでしょう。
実際に配線が終わってエンジンを始動してライトの点灯確認、スイッチの動作確認が終わる頃には夕方になってしまいましたが(これ以外の作業も含め)無事に予定の作業が終了しました。
後はエンジンのOHを済ませて仕上げです。
いよいよあと30日です。

  ↓
ブログランキングへ投票をお願いします
2006-06-16

診察

午前中は会社を休んで2週間ぶりの診察に。
2週間前は恐ろしく混んでいたのに、今日は驚くほど少なく、診察前のレントゲン写真撮影は待ち無しで終わり、予約時間20分前に診察券を出すと、10分ほどで直ぐに呼ばれました。

痛みは引けてきているものの、鎖骨などはどう治って来ているのか?ズレて手術をする事になる事はないか?と色々な事を考えてしまいますが、診察の結果では鎖骨は既に骨の中に折れた骨が食い込んで来ており、直りは良さそうとの事でした。
これから骨折後3週目に入るので、固定が進むらしく、まだ骨折箇所は隙間が空いているものの、これから少しずつ骨が出来てくるらしい。
右足のかかとは、見た目には骨折箇所が判らない状態でしたが、まだまだ痛みはあるので、無理をしないように気をつける必要がありそうです。
右手小指が一番治りが心配されます。相変わらず腫れが引かない手を見て、主治医も夜だけでも固定して動かさないように!との事でしたが、力が入るようになるには6週間が必要との事で、あと4週間は不自由な状態が続きそうです。
4週であれば、鈴鹿はギリギリ間に合うことになるので、内心で安心しながら、診察を終えました。

 ↓
ブログランキングへ投票をお願いします
2006-06-15

足の回復が進んだ

普段の生活で困るケガは鎖骨や手よりも足のケガ。
職場までの移動だけでなく、部屋の中でも移動するのに困ります。
今週は比較的足の痛みが引けてきて、歩くスピードも60%位には回復できたのではないかと思います。

右手の握力も徐々に回復しているものの、やはり小指が折れているので力が中々戻りません。まだまだブレーキを握るのも程遠い感じです。

明日は定期検査ですが、2週間では骨もくっついているとは思えず、あっさりと終わってしまうのかな?

 ↓
ブログランキングへ投票をお願いします
2006-06-13

やっぱり まだまだ

ケガの回復を日々感じているものの、なかなか身動きが取れない状況が続いています。昨日は鎖骨が落ち着いたかに思えましたが、やはり少し動かすと引っかかりがあり、完全に落ち着くまでには至りません。

16日(金)には2週間目の診察が控えているので、今後の予定について担当医と話をしたいと思っています。まだ1ヶ月あるので、充分回復は出来そうですが、リハビリがどの程度進むか?が気になります。

 ↓
ブログランキングへ投票をお願いします
2006-06-12

鎖骨が落ち着いた?

転倒後から右肩を動かすと中の骨が動くのか、グリグリとした感覚が伝わってきましたが、朝から多少動かしても動く感覚がない?みたい。
やっと落ち着いてきたのか?

しかし足や手の痛みは相変わらずで、足は安静にしているのが、一番痛みが少ない(あたりまえ...)ようです。

右手は腫れが残るものの、箸が持てるところまでは回復しているものの、重いものは掴めません。

今日はおとなしく水を飲みながらワールドカップの観戦です。

 ↓
ブログランキングへ投票をお願いします
2006-06-11

間瀬サーキットへ

ケガをしてから、急に堕落してしまい、ブログの更新も滞り気味になってしまいます。
今日で10日経ちますが、各部の痛みは相変わらず続き、微熱がある状態です。梅雨を控え、うっとうしいのに痛みがあるのは、また一段と苦痛です。

気分を変えて午前に痛んだツナギの修理、午後からは間瀬サーキットの間瀬アタックを外から覗いて来ました。

ツナギは腕が一部裂けたような状態だったので、こちらを見てもらうつもりでいましたが、右腕前の脇に穴が開いており、これは皮が裂けている事が判りました。腕がかなりの力で上又は後ろにもっていかれた事を示しており、鎖骨が折れた衝撃がこんなところにも現れている事が判りました。
ツナギは以前作った頃からギリギリに作りすぎて、動きにくかった事から、大きさの調整を行ってもらうことにしました。
まだしばらくはツナギも着れないので、丁度良いオーバーホールになります。

午後からはチームメートが走行中の間瀬サーキットへ
0611maze.jpg

午後から間瀬アタックなる3本のフリー走行で、ベストタイムを争うイベントですが、車種が入り乱れての走行で、不思議な光景です。
残念ながら入場料もあるので、場外から見学して、途中で電話でライダーを呼び出し、調子を聞き、激励をして帰路につきました。

自己ベストタイムは更新できず、トップタイムも、持って行かれたようですが、確実に春からタイムが向上してきており、次回の選手権は期待が持てると思います。


ブログランキングへ投票をお願いします
2006-06-07

怪我から1週間

6月1日の怪我から1週間
痛みは少しずつ引いてきているものの、まだまだ5%程度の回復でしょうか?
比較のために右手だけ写真を撮り比べてみました。
0607lh.jpg


こんな状態ですが、6月9日までが鈴鹿の耐久エントリーの締め切り。
今日、ネットからのエントリーを行いました。
決勝まで40日。いよいよ1年がかりで準備してきたレースの本番です。

ブログランキングへ投票をお願いします
2006-06-04

ライディングスクールと車体チェック

SUGOをキャンセルしたので、空いた時間で地元のライディングスクールを見学してきました。
知人友人も沢山参加しているので、滅入った気持ちが多少の気分転換になります。

夕方には車から荷物をゆっくりと降ろし、バイクも降ろす事ができました。バイクを見るとトラブルの原因を確認したくなり、ゆっくりとエンジンを開けてみました。
0604CASE.jpg

ミッションが変わらない状態でもありましたが、カムチェーンが切れてクランク下に脱落してケースを突き破っていました。
これでクランクが回らずリヤタイヤがロックしたと思われます。
それにしても発生した時期と場所が悪すぎる!

ブログランキングへ投票をお願いします
2006-06-03

気になるSUGOへ

今日は本来ならば、SUGOへ行っているハズでしたが、金曜日の遅れを取り返す為に会社でゆっくりと資料作りです。

しかしSUGOの状況が気になるもので、チーム員に電話連絡を取ってみました。
エントリーはクラス7台と寂しい状況らしく、盛り上がらないとの事。でも逆にこれをチャンスと捕らえ、頑張って!と言うしか有りませんでした。(-_-;)
骨折2日目は痛みもさほど変わらず、痛み止めを飲んでいないと体温も37度を超える微熱、足、手を中心に重い傷みが続きます。
アルコールに手を掛けたい衝動に駆られますが、ここは我慢。
前回も打撲で飲んだら痛い目に合ったので、セーブすることにします。


ブログランキングへ投票をお願いします
2006-06-02

再検査

鈴鹿から新潟まではピットクルーの運転に任せて早めに帰る事ができましたが、自宅までは自力の運転では体が持たず、たどりついたのは結局日が変わってからになってしまいました。

前日からの疲れもあり、少し長めに休んでから地元の病院に行きます。
9:30に受付を済ませたものの、まったく呼ばれる気配がなく、体中が痛むので車で休む事を告げると、ベットを用意してくれました。
ベットで休むこと2時間。やっとレントゲン撮影に呼ばれ、レントゲン技師から「軽く考えていたが、こんなに重症なんですね!」とダメ押しをされてしまいました。
写真撮影後も1時間以上ベットで横になり、診察が始まったのは14:00手前でした。鈴鹿からの紹介状を見ながら、今回の撮影でどうケガに対応するか判断です。

右足の剥離骨折は対応なし。ギブスも不自由だからしない。
右手はヒビ程度でずれていないので、何も無しでよい。せいぜい添え木で固定する程度。 ⇒でも結構腫れがひどい
0602rhand.jpg

問題は鎖骨で、鈴鹿でも手術をする/しないが判断のしどころでしたが、担当医からは手術で直りの早さは変わらないとの判断をもらいました。
鎖骨骨折ではお馴染みの背中から回すバンドで固定して手術は無しにしました。さらに次の診察は2週間後との事で、結構大したこと無い対応でした。
手術で休むかもしれない事を職場に伝えていたので、病院が終わったその足で会社に向かい、ケガの報告と今後のスケジュールを話合いました。
不思議と入院しない、次も直ぐに来なくてよいと言われると、あっという間に直る気がしてくるのが不思議です。
さすがに3箇所同時骨折は不自由ですが、以前の左足首骨折よりは痛みも少なく、早期に復帰できそうな気がします。
いやMiniモト4耐に向けて何が何でも復帰しなければなりません。

ブログランキングへ投票をお願いします
2006-06-01

クラッシュ

久しぶりの鈴鹿
週末にはSUGOも控えているので、マシンをいたわりながらの走行を考えました。
ジェット類は不具合を直し、安全側に倒すセッティング。
乗り方もタイムはあまり気にせず、セッティングの確認を主に走行を進める事にしたのですが...

1走行目のチェッカー後、1コーナーに差し掛かったところで、いきなりのリヤロック。コーナーリング中でもあり何が起こったか判らない状態でコース外に投げ出されてしまいました。

右の自由が利かず、思わず倒れこみましたが、危険を感じてなんとかクラッシュパッドまでたどり着きオフィシャルを待ちます。

バイクを任せ、救急車のお世話になりました。
医務室で簡易治療を済ませ、とりあえずバイクを積み込み医者にむかいました。
0601nsf.jpg

バイクはオイルがアンダーカウル一杯に溜まっていたそうですが、ナゼかは現時点で不明です。

鈴鹿市内の整形外科医院で診察の結果は、右鎖骨の骨折、右手小指付け根の骨折、右足かかとの剥離骨折でした。痛み止めとシップをもらって、紹介状を書いてもらい、早々と新潟に帰る事にしました。

人間もさることながら、マシンの目処もまったく立たないので週末のSUGOはキャンセルです。


ブログランキングへ投票をお願いします

 | HOME | 

PROFILE

bar1.jpg にほんブログ村 バイクブログへ

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

バイク総合情報サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。