Challenge 4mini RACE

4ミニレースのビックイベント「鈴鹿ミニモト4耐」に、もてぎの「DE耐」にチャレンジ! バイク造りやレースレポートを公開します。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-14

大阪で...

12日から大阪出張でブログも更新が止まってしまいました。

14日は移動日で帰るだけなので、パーツショップに寄り道してきました。
0714rw.jpg

事前にアポをとってパーツを見せてもらう事になっていたので、訪ねて見ましたが、大阪梅田から阪急電車にのり兵庫県の伊丹市へ。その後はお店まで台風の雨の中を歩いてみましたが、3キロ位はあったみたいで、濡れながら約30分で到着。
雑誌モトモトに登場しているカリスマ店員さんから色々な話を聞かせてもらいましたが、やはり関西は4ストレースが盛んで、マシン造りも進んでいる印象を受けました。
結局1時間ほどで高い買い物をしてしまいましたが、新潟から来た事、当日からサマーセール中で有ったこともあり、随分とオマケをしてもらいました。

ランキングは30位前後を維持しています。 ブログランキングへ投票をお願いします
スポンサーサイト
2007-07-11

週末もSUGOのハズが...

今週末はSUGOの選手権&サウンドフェスティバルで選手権は早くも最終戦です。 オープンミニカップにエントリーしていたものの、マシンが用意出来ない事もありますが、他のエントリーが無く、エントリーを取り下げる事になりました。耐久では予選落ちが出るほどの台数が集まるのに、スプリントレースは人気が無いのですね。

選手権自体は全日本選手権前の開催であることから、国内、国際共に通常よりもエントリーが増えているようで、レベルも自ずと上がりそうです。

ランキングは30位前後です。 ブログランキングへ投票をお願いします
2007-07-10

SUGO 6H⑦

終盤のレースは上位陣に差がつき、順位が固定化されてきました。
0711kon.jpg

0711therd.jpg

残り時間30分となった時、突然のピットイン。大きな音と共にピットに入ったマシンはマフラーがシリンダーの先から割れていました。
順位は3位でしたが事態は簡単に修復できるような状態で無いのは明らかです。
しかし、転倒トラブルを想定して準備していたマフラーがたまたまトランポ内に有った事から、ピット内総出でマフラー交換のマシン修復に取り掛かりました。
マフラー準備に時間が掛かったものの、交換はあっという間に終わり、8分間のピットストップで再スタートを切る事が出来ました。

順位は4位に落ちたものの、3、5位とは1周以上の差があります。
このまま走りきれれば順位は維持を出来そうです。
取り合えず走れる状態になっているとは言え、何が起こるか?判らない状況。なんとか最後までマシンが持ってくれることを祈りながら、最後のチェッカーを待つ時間が非常に長く感じられます。
そして夕暮れの西日が挿すメインストレートで無事にチェカーを受けることが出来ました。
無事に走りきったライダーとマシンを出迎えます。
0711grid.jpg

結果はともかく、同じ6時間を走りきった充実感は格別です
0711grid2.jpg

ライダーピットクルー全員がお疲れ様
0711all.jpg

U-18クラスの総合表彰式
0711hyoa.jpg

0711hyo.jpg


6時間経過時の順位
1 17モトレーシング+キタコ 175LAP
2 100HARU-T&Fueレーシング  174LAP
3 92チームのりお ウィンディ171LAP
4 21長岡テクニカルRC    169LAP
5 27MRF&RH松島Z    168LAP
22 48メカマックス&KTECH    162LAP
62 110長岡テクニカル     148LAP

マシン、ライダー共にとても負担の多いレースだっただけに走り終わった充実感があります。しかしマシンを見ると走りきれた事は奇跡と言うべき状態でした。次回への課題も多いですが、今年は結果が残って良かったと言えるレースでした。

ランキングは40位前後です。 ブログランキングへ投票をお願いします
2007-07-09

SUGO 6H⑥

3回目の走行は上位進出を狙い、交替一回づつをパスする作戦。振動で随所に緩みが出ていたマシンを修復しコースに入ると、まずはエンジンに異常を感じます。途中の回転域でもたつき、回転のばらつき、更に上に回らないなど、回転が付いていかない症状はクラッチ、バルブ、電気など様々な問題が起きている可能性がありました。
まだ順位は4位をキープしていますが、このままでは走りきれない可能性も考えられるため回転を今まで以上に押さえ、エンジンを持たせる走行を心がけました。
走行を進めるうちに症状からある程度トラブルの原因が判って来たので、エンジンの使い方を変えペースを守りながら走行を重ねます。
レースも後半に入り転倒、トラブルなどでコース上もペースを維持できない要因が重なり、どのチームもペースが落ちています。
他チームのピットインもあり順位は2位まで上がり、1位とは差があるものの、このまま行けば!との望みが出てきました。

最後のライダーチェンジでトラブルの状態を伝え、走行に対しての対応を伝えました。
ピットイン後も順位は変わらないものの、背後に3位チームがスゴイ勢いで迫っています。順位は3位に落ちてしまいましたが、4位以下は既に1周以上の周回差があり、このまま走りきれれば表彰台はいけそうです。
念のために考えられるパーツ類を揃えてトラブルのピットインに備えて1回で2回分の走行を終えた体を休めました。

この時には既に振動でマシンはフロントカウルの取り付けステーが脱落。マシンは下を向いた状態で走行していました。
0709HIGA.jpg


終盤に大トラブル発生。
つづく
ランキングは30位前後です。 ブログランキングへ投票をお願いします
2007-07-08

SUGO 6H⑤

2回目の走行も予定通り45分の走行で、スタートから2時間15分のピットイン。ライダーチェンジのみでピットアウトです。
2回目で体が慣れてきた為か、あっというまの45分でした。
070821.jpg

他チームのトラブルもあり、上位陣との差が開いていない事、ライダーも疲労は進んでいない事から、作戦を切り替え45分からは長めの走行に変更です。
0708110.jpg

070848.jpg


3回目のライダー交替ではマシンもダメージが蓄積してきました。給油後には左側ステッププレートの緩みを発見。ステッププレートがぶらぶらしている状態でした。コレを増し締めしたところで、別のトラブルを発見。エンジンハンガーが緩んでナットが脱落していました。これも変わりのナットを捜して増し締めです。
ナット探しと締め付けのピットロスで順位を下げてしまいました。

4時間経過時の順位
1 17モトレーシング+キタコ 118LAP
2 83            116LAP
3 100HARU-T&Fueレーシング  115LAP
4 21長岡テクニカルRC    115LAP
5 107裏FTR         114LAP
49 48メカマックス&KTECH   103LAP
95 110長岡テクニカル     97LAP

いよいよ後半戦です。
つづく....
ランキングは30位前後です。 ブログランキングへ投票をお願いします
2007-07-07

SUGO 6Hマシンチェック

今日は関東方面に行ける用事が出来たので、N-planレーシングさんを訪ねてマシンチェックを行いました。
SUGOでマフラーが割れ、リタイヤ寸前だった事もあり、マフラーのみならずフレームにクラックが入っている事は判っていたので、マシンの損傷状態を確認して修理を行ってもらう事にしました。

あまりにヒドイ状態だったので、社長はすっかり面白がって写真を撮っています。
0707npla.jpg


結局簡易的な修理は無理との判断で、エンジンのみならずフレームのみにして隅々までチェックを行った後、損傷箇所の溶接を行いました。
0707fram.jpg


溶接箇所は一度クラックが入ると修理しても壊れやすくなっており、予備にしか使用出来ませんが、何が起こるか判らないので対応してもらいました。

詳細はこちらのブログに載っています。

ランキングは40位前後で上昇中です。 ブログランキングへ投票をお願いします

2007-07-05

SUGO 6H④

最初の交替は45分。通常の交替に比べると短めに設定したのはマシンの振動による疲れを考えての事でした。
0706CHG.jpg

ライダー3人であれば、多少長めに設定して無理も出来るかもしれませんが、2人のライダーで走りきるには疲れない作戦で、確実に走りきる方を選択しました。
やはりスタートから序盤戦は一番神経を使うところでもあり、45分とはいえ以外に疲れます。
手足も振動で痺れが来ており、残り3回の走行をこなすために水分を取り休憩です。
交替で順位は4位に下がったものの、6位以下は既に1ラップ差となっており、トップはペースを維持したまま走行しているようです。
0706HIGA.jpg


ここで初めてメカマックス&KTECHチームがかなりのピットストップとなってしまった事を知りました。トラブルはウチのマシンを見ていただけに残念でした。
0706cho.jpg

 更にSP12チームにアクシデント。
馬の背で接触転倒を起こし、マシンはフロントフォークが曲がり、ライダーもケガを負ってしまいました。
幸いマシンは修復出来、無事再スタートは切れたものの、マシンにはダメージが残ったままです。
0706higa3.jpg

90分で2回目の交替と給油を行い再スタート。早めのピットインタイミングですが、前後も離れてきており、淡々と走る作戦を続行します。

2時間経過時の順位
1 51チームイワキ      64LAP
2 17モトレーシング+キタコ 63LAP
3 21長岡テクニカルRC   62LAP
4 7 TEAMサクライ+TTS+野郎S 62LAP
5 99TeamROSSOwithTeam庄内 61LAP
92 48メカマックス&KTECH   49LAP
95 110長岡テクニカル     48LAP

つづく
お蔭様で、ランキングは50位前後で上昇中です。 ブログランキングへ投票をお願いします
2007-07-04

SUGO 6H③

予選後半はライダーチェンジの後、タイムアタックとマシンチェック。
0704hi.jpg

ところが走行途中でチェンジペダルが脱落して、敢え無く走行終了となってしまいました。予備を準備する事ができたものの、前日の練習後にチェンジペダルの位置を微妙に調整していたにも関わらず、再度やり直しになってしまいました。
結局奇数組では5番目のまま終了。

マシンの修復を行いながら、偶数組の予選を見守ります。
ピット4台中3台が偶数組の予選。中でもメカマックス&KTECHさんは上位の有力チームなので、動向に注目です。
予選開始早々からリーダーボード上位に...
そして4周目には奇数組のポールタイムを上回る55.7秒をマーク。
マシン温存の為、7周で予選は切り上げましたが素晴らしいタイムです。

偶数組の予選途中では2位以下のタイムが比較的伸び悩み、このままだと6位か?と思っていたところで56秒台のチームが現れ、結局予選は総合7位。耐久レースの予選はこの程度なら問題になりません。
SP12チームは2'13.3で偶数組39位、総合80番目で予選終了
0704sai.jpg


奇数組が途中中断となった影響からスタート順位決定が遅れ、タイムスケジュールも15分遅れての進行となってしまいました。
台数が多いのでスタート前チェックを受けてグリットへの移動も時間が掛かります。
梅雨の晴れ間で天気も良くなって来て、日差しが非常に気になる天候となって来ました。
グリット7番目はチームイワキさんの隣でした。
0705GRID.jpg

ご本人はいらっしゃらないようでしたが、流石に注目度が高いのでプレスやギャラリーが多数。チョッと横から見学です。

いよいよルマン式によるスタート。
高めのギヤなので、スタートがあまり良くないのは覚悟の上でしたが、直ぐに動き始める事は出来たものの、その後1コーナーまでにかなり抜かれてしまいましたが、2コーナー立ち上がりからは徐々に挽回。混乱に巻き込まれ無いように走行を進めると既に上位はかなり前を走っています。1周目からあまり大きな差を付けられないようにとペースを上げますが、前も詰まっており差は開くばかり。
タイヤも無理はさせられないので、1周目は焦らずに行く事に決めシケインに差し掛かると見慣れたマシンが... 
スタートからぶっちぎりでトップを走行していたメカマックス&KTECHさんのマシンでした。
転倒?かと思いましたが、トラブルだったようで...いきなりの番狂わせでした。
2,3周で落ち着いてくると周回遅れも絡みだし、パスのタイミングで少ずつ各車の差が開き始めました。
上位は57~58秒台で走行しており、なんとか差を広げられないように、エンジンを温存しながらペースを作ります。
0705_1cor.jpg

数周でタイム、順位ともに落ち着き始め、更に上位チームが早々に脱落し始め事もあり、最初の交替45分で3位まで順位を上げる事ができました。
つづく...
ランキングは70位前後で上昇中です。 ブログランキングへ投票をお願いします
2007-07-02

SUGO 6H②

SUGOの耐久レースPART2です。
ホームページでもSUGOの耐久後はアクセスが増える傾向ですが、今日もブログのアクセスは過去最高を更新しました。

前日は10:00にサーキット入り
既に同一ピットの3チームは走行準備や走行を開始しており、慌しい中で準備を進めます。
0703ex.jpg

梅雨の真っ只中でもあり、はっきりしない天気。
路面が濡れる程ではないものの、シールドやスクリーンには小雨があたる中で、午前中に一本の走行を行います。
耐久向けに安全側に倒したセッティングを確認するために、エンジンフィーリングを確かめながら走行。
前回の選手権からジェッティングを見直しての走行でしたが、タイムも2秒落ちの2分ジャスト。流してるタイムとはいえ周りのタイムは2分を楽々と切るタイムなので、満足の行くものではありません。
所々でエンジンに負荷をかけ、確認するものの今ひとつの状況は変わらず、メインを見直し再チャレンジ。
回転はマトモになったもののタイムは変わらずでしたが、マシンを第2ライダーに託します。
徐々にペースを上げ、気づいたらこのマシンのベストタイム近くをあっさりマーク。しかし雨も降り始めた事から走行を早めに切り上げました。
エンジンをいたわる為に1本の走行での終了も考えましたが、エンジンの更なる確認が必要との判断から、セッティングを変えて夕方の走行も走る事にしました。
夕方の走行までに振動対策としてハンドル交換を行い、耐久レースを走りきれるマシン造りを進めました。

夕方の走行ではほぼ思惑通りのフィーリングとなったものの、高回転域での問題が気になる所。念のためクラッチの点検なども行い、結局は思った以上に整備に時間がかかってしまいました。

夜は同じピットのメカマックス&KTECHさんの面々と懇親会。
僅かな時間では有りましたが、レース談議で盛り上がりました。

本番当日は朝一番の車検から
140台の車検は予選が先となる奇数ゼッケンを優先して行う、と事前に連絡はされているものの、実際は偶数も混ざりながら大行列。元々車検に慣れていないチームが沢山いるので、効率の良い車検とは程遠い状況でした。
0703mchk.jpg

車検待ちで1時間以上というのは、もう少し改善を望むところです。

無事車検も通過してブリーフィングの後奇数組の予選です。
0703mon.jpg

整列が始まっているにも関わらず、エンジン始動に手間取り並びはほぼ最後尾。30分の時間が有るとはいえ、コースイン後は前車をかわしながら早めのアタックを始めます。
予選開始10分で赤旗中断。シケインにオイルがミスト状に撒かれた事からオイル処理で中断です。
ここまでの順位は奇数組の5番手でまだ2分をやっと切れている状況。トップは既に57秒台にまでタイムを詰めています。
やはりクリアラップが取れずタイムが詰めきれない事もあり、コースオープンを待たずに早々に並んで待つことにしました。
約10分の中断後に予選再開。クリアなコースに入って早々にタイムアタックに入り、ベストとなる57.2を出してピットイン。ある程度の手ごたえを感じてPITに入ったものの、順位は5位と変わらず。上位チームはほぼ同じ程度のタイムアップを果していました。
但し6位以下はほとんどタイムの動きはなく、タイムは上位陣が僅差で競っている状態です。
ランキングは90位前後で上昇中です。 ブログランキングへ投票をお願いします
つづく...
2007-07-01

SUGO 6H①

またまた週末のみ更新になってしましましたが....

今日はSUGOの6時間耐久レース

今回はU-18クラス、SP12クラスにそれぞれ1台づつエントリー
2台とも多数のトラブルに見舞われながらも無事に完走を果すことが出来ました。
0701SUGOfi.jpg


U-18クラスでは総合4位、クラス4位
0701_21.jpg

SP12クラスではオ-プンミニ総合31位、クラス27位
0701_110.jpg

6時間の耐久は長く、非常にタフなレースでしたが、無事にチェッカーを受けられたのは達成感があります。
早速こちらのブログでも紹介されています。
ブログランキングへワンクリック!投票をお願いします

 | HOME | 

PROFILE

bar1.jpg にほんブログ村 バイクブログへ

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

バイク総合情報サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。