Challenge 4mini RACE

4ミニレースのビックイベント「鈴鹿ミニモト4耐」に、もてぎの「DE耐」にチャレンジ! バイク造りやレースレポートを公開します。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-10-31

最終戦にボーナスポイント

エビスサーキットの最終戦が週末に予定されていますが、サーキット側から最終戦に向けた提案を受けました。

今回は少し台数も増え、NSF100トロフィークラスは5台。
ランキングに入りながらもエントリーしていないライダーが要る事から、最終戦にボーナスポイントを与え、これからでもランキング3位以内に入れる余地を残したいとの事。
少しでも多くの人に11月23日のグラチャンに参加して欲しいとの事でした。

意見を求められたので、台数が増えるのは良い事なので、賛成の意見を話しました。

何ポイントのボーナスポイントにするか?はこれからですが、数ポイントは上乗せで最終戦が行われる事になりそうです。

ブログランキングへ投票をお願いします
スポンサーサイト
2007-10-29

日曜日の振り返り

日曜日は朝6:00からゲートオープン
7:00から有料走行が予定されていたので、ほぼゲートオープンと同時に入り、準備を始めましたが、朝はトランポもまばらで10台もいない状態。
元々エントリーは全部で20台もいないので、こんなものでしょうか?
台風の影響で、昨夜まで降っていた雨の影響が残り、コース上はオールウェットですが、予選・決勝の晴れを見越して晴れタイヤのままコースに入ります。練習は僅か3台でした。
グリップを確かめながら、徐々にペースを上げたものの、早々に6コーナーで転倒。ダメージは無く、再度走行を続けるも、5コーナーで再度転倒。いずれのコーナーもギャップが多く、ここでグリップを落としているようでした。その後判った事として、雨で砂、埃が溝に溜まっており、コレが滑る元になっていたようです。
流石に2回の転倒はへこみましたが、バイクも人間もダメージは無いので、慎重に対応することを心がけ残りの走行をこなし、終了。

走行が終わると周りにトランスポータも増え少しはにぎやかに...
受付、車検を済ませて、練習走行に備えます。
1030soleiyu.jpg

有料走行ではウエット路面とはいえ、いつもロードコースよりに振っている足回りや車体の姿勢に問題がある事は判断できたので、大幅にセッティングを変更してみました。

カート・バイク全体のブリーフィングを行い、練習走行。
カートが走った後にバイクの練習時間となり、僅か10分の走行ですが、
まだ路面は濡れているものの、ラインはかなり乾き始めており、タイムもドライ並みに近づいてきました。
周りの状況を見ながらペースアップしていくと、セッティング変更の効果も確認でき、比較的余裕がある中でベストに近いタイムです。

続けてカートの予選25分を挟み、バイクは各クラス20分の時間。
一斉にコースインしてタイムアタックを試みるも、次々に途中でピットへ。タイヤ、マシン、体力の温存に全てを走りきる事はしないようです。
自分はコースの癖を少しでも把握する為に全周に渡りラインを変えたり、進入スピードを変えたりと色々と試す事が出来たので、予選時間も有意義に活用しました。
とは言えマシンはすっかり熱ダレを起こし、気持ちの上ではペースを上げているものの、タイムアップはごく僅か。結局0.4秒差の2位止まりでした。

午前11:00に予選が終わり、午後の決勝までは3時間以上の時間があるので、レースを見越してのマシン整備です。
小さなコースの特性を見越してエンジンオイルを交換。ファイナルについては散々悩んだ挙句、予選と同じファイナルを使うことにしました。
後は徹底的に駆動ロスを防ぐために細かな整備。
それでも時間は充分で睡眠不足の解消に少し仮眠をとり、決勝を待ちます。
1030soleiyu2.jpg


決勝は1周1.063KMのコースを20LAP
予選のタイム差以上にレースでは差が付く可能性もあるので、序盤から気が抜けません。スタートは出遅れることなく、しかし特別に上手く行くこともなく1コーナーを2番手で進入。ピッタリの状態のままS字、4,5コーナーと通過し、最終までもほぼ同じペースです。
しかし立ち上がり後は徐々に差が付き1コーナー進入までには2車身程度に....
ブレーキで差を詰め、最終までは同じペースでまた直線で差が付き...と直線毎に少しずつ差が付き始めました。
5周目の4-5コーナー間でギヤが抜け、つまづく間に一気に差が付き、このままずるずると差が広がってしまいました。
結局最後は23秒余りの差がついて独走を許してしまい、タイムもベストを僅かに更新した程度。色々と課題が見えてきました。

NSFとしては僅か5台、チャレンジクラスと混走でトータルでも8台と寂しいレースでしたが、山形のアットホームなレースに、有意義な一日を過ごしました。
帰りはこんな夕日に遭遇
1030yuhi.jpg


ブログランキングへ投票をお願いします
2007-10-28

山形へ

先週はずっと風邪に悩まされ、出張をこなしながらとなっていたので、バイクに手を付ける事が出来ませんでした。
そんな中、山形のカートソレイユ最上川のレースにエントリー
まったく予定していなかった参戦でしたが、小さなコースは殆ど経験がないので、勉強の意味で参加してみました。
1028soleiu.jpg

今回は最終戦との事で、カートと同時開催。
バイクの台数は非常に少ない参加でしたが、のんびりした雰囲気の中、アットホームなレースが楽しめました。
ブログランキングへ投票をお願いします
2007-10-21

久しぶりにNSR

久しぶりに2サイクルマシンを整備
NSR50を復活させました。
部品取りになっていた車両ですが、これも車体周りだけでエンジンはいたってまともです。
タイヤの組み換え作業を残して整備もほぼ終了。
エンジンは押しがけ一発で簡単に掛かりました。
1020nsr.jpg

カウルのカラーリングを修正し、もう直ぐ完成です。

ブログランキングへ投票をお願いします
2007-10-20

仙台ハイランド ランキング確定

仙台ハイランドのNSF100HRCトロフィーシリーズのランキングが発表になりました。
長岡テクニカルRCで1,2,3を獲得する事が出来ました。

少ない台数では有りましたが、全4戦で上位を独占できたのは、それなりに価値があります。

ブログランキングへ投票をお願いします
2007-10-19

早くも2008年鈴鹿ミニモト

鈴鹿サーキットから08年の鈴鹿ミニモト4耐の案内が届きました。
またも開催時期が変更になっています。
開催時期に合わせて走行会も前倒しで日程が組まれているので、これから準備を始めなければ行けませんね。
今回は事前練習で走行データが無かった事が大きな反省材料なので、次回はなんとか都合をつけて走行会に参加したいところです。

以下 鈴鹿サーキットからのインフォメーション

2007 "NANKAI" 鈴鹿Mini-Moto4耐にご参加いただき、誠に
ありがとうございました。

2008年のMini-Moto開催概要につきましてご案内いたします。

①レース開催日決定!
2008年度Mini-Motoの予選・決勝が下記の通り決定しました。
5月17日(土)    STクラス 予選・決勝
5月18日(日)    OPENクラス     予選・決勝

②合同走行会日程は下記の通り予定しております。
※第1回目のエントリー開始が直近に迫っております。ご注意ください。
※スケジュールは変更になる可能性があることを、予めご了承下さい。
※同内容に加え、詳細は「みにもと通信」にて追ってご案内します。
 今しばらくお待ち下さい。

開催日      12月11日(火)
クラス      ST
お申込み期間   11月9日(金)AM10:00 ~ 11月16日(金)
募集定員     240台(1Gr.120台)
走行時間     40分×3本 (夜間走行1本含む)

開催日      1月18日(金)
クラス      OPEN
お申込み期間   12月7日(金)AM10:00 ~ 12月14日(金)
募集定員     200台(1Gr.100台)
走行時間     40分×3本 (夜間走行1本含む)

開催日      2月18日(水)
クラス      ST
お申込み期間   1月11日(金)AM10:00 ~ 1月18日(金)
募集定員     240台(1Gr.120台)
走行時間     40分×3本 (夜間走行1本含む)

開催日      3月11日(火)
クラス      OPEN
お申込み期間   2月8日(金)AM10:00 ~ 2月15日(金)
募集定員     200台(1Gr.100台)
走行時間     40分×3本 (夜間走行1本含む)

開催日      4月1日(火)
クラス      OPEN
お申込み期間   2月29日(金)AM10:00 ~ 3月7日(金)
募集定員     200台(1Gr.100台)
走行時間     40分×4本 (夜間走行1本含む)

開催日      4月2日(水)
クラス      ST
お申込み期間   2月29日(金)AM10:00 ~ 3月7日(金)
募集定員     240台(1Gr.120台)
走行時間     40分×4本 (夜間走行1本含む)

※このメールは 2007年鈴鹿Mini-Moto4耐にてメールアドレスを登録している方へ
 送信しております。
※重複エントリー・複数チームの代表者兼任等で、重複して送付される場合があります。
※送信者のメールアドレスにご返信いただくことは出来ません。
 お問い合わせ等は、弊社ホームページ「お問い合わせフォーム」よりお寄せ下さい。

=====================================================
 鈴鹿サーキット SMSC事務局
 TEL 059-378-1111(代表)
(お問い合わせフォーム)
 https://order.suzukacircuit.jp/crm/inquiry.asp?form_no=11
=====================================================

ブログランキングへ投票をお願いします
2007-10-18

風邪ひきです

月曜日からのどをやられ、熱をだしていましたが、次第に咳、鼻水と症状が変化、一度掛かるとなかなか直りません。
週末には直したいのですが....

2007-10-15

ライディングスクール

土曜日の仙台ハイランドから翌日の日曜日は地元でスポーツライディングスクールに参加
仙台の往復と1時間耐久の疲れもあり、朝はだるさもありましたが、体を動かしていくとだるさも取れ、ゆっくり考えて走りをチェックしながら乗ることがでしました。
知人も多数参加していたので、写真撮影もこなしながら、秋晴れの一日を過ごしました。
1015sportsr.jpg


ブログランキングへ投票をお願いします
2007-10-14

仙台ハイランド

1時間の耐久レースには今回NTRCから3台のエントリー
NSF100クラスはこの3台を含めて6台のエントリーがあり、少しはレースらしくなってきました。
1014sendai1.jpg

今回のレースを含め1時間耐久3レース、6時間耐久1レースの合計4レースでNSFトロフィーのランキングが決まるので、現在ランキングトップの齋藤は今回シリーズチャンピオンに王手が掛かっています。
レース前に集中!
1014sendai2.jpg

レースは耐久ながら、グリットスタート
スタート直後はオープンクラスは上位でスタートしており、SP12クラスと入り乱れてのスタートでした。
NSF100クラスのライダーはそれぞれ淡々と走り、それぞれのバトルも殆どなくチェッカー
上位の3台がベストタイムを3周ないしは4周で記録しており、スタート後に単独走行となってからはペースが上がらなかったようです。

表彰台は最終戦だから?か、従来優勝以外はコカコーラがシャンパンの代わりに準備されていたものの、今回は3人ともにシャンパンが準備されていました。
1014sendai3.jpg

ブログランキングへ投票をお願いします
2007-10-13

オータムモーターサイクルエンジョイミーティング

仙台ハイランドのオータムモーターサイクルエンジョイミーティングに参加しました。
1013hiland1.jpg

1013hiland2.jpg

1時間耐久レースですが、殆どのライダーが1名で走りきるので、実質は長いスプリントレースのようなものです。
オープン、SP12、NSF100と3クラスが入り乱れてのレースでしたが、合計32台とコースの長さに比べ台数が少なめで走りやすいレースでした。
詳細は後ほど...

ブログランキングへ投票をお願いします
2007-10-12

サウンドフェスティバル写真

10月7日のSUGOサウンドフェスティバルの写真がオールスポーツコミュニティで公開が始まりました。

予選を1周しか走っていないので写真は0枚。
決勝も同じアングルなのでちょっと期待外れでしたが、貴重な走行写真なので、ジックリ見てみたいと思います。

明日は仙台ハイランドに遠征です。

ブログランキングへ投票をお願いします
2007-10-09

走行後の点検

いつもレース後は忙しい事が多く、マシンは放置したままとなりがちですが、今回は色々と気になる点があったので時間を取って点検してみました。
エンジンはプラグ、タペットなど簡単に確認出来る場所をみて、複数の情報からリヤ周りの不具合を聞いたのでチェックしてみました。
1009swing.jpg

簡易チェックでは不具合を確認出来ませんでしたが、まだ完全に確認出来た訳ではなく、まとまった時間を取って再度確認したいと思います。

ブログランキングへ投票をお願いします
2007-10-08

SUGO選手権&サウンドフェスティバル

SUGO選手権&サウンドフェスティバルとして行われてきた今年の二輪レースも今回が最終戦。既に他のクラスではシリーズランキングが決定しているところもあります。
今回はSUGO選手権のカテゴリーとしてU-18(アンダー18)クラスにエントリーしていましたが、台数が少なく不成立となった事から、サウンドフェスティバルのカテゴリー(Ex-MINI)に変更をする事になりました。
どちらもマシンレギュレーションは一緒で、選手権レースか否か?で判断されており、今年のSUGOは色々考えてくれていた反面、判りにくいカテゴリー区分となっていたと思います。

土曜日の練習を走らずに日曜朝からのSUGO入りとなった事から、事前にテストを行う予定のサイレンサーは朝受け取り、車検前に交換を行いました。
1008SUGOsai.jpg

1本は予選で1本は決勝でテストします。

受付、車検は順調に終わりマシンに火を入れる為にキックすると、組み上げた時と同じように1発で始動。サイレンサーが変わり若干音質が爆音になった気もしますが、レーシングの段階では不具合は有りません。

充分に暖気を済ませ、既に混走のSP12クラスが多数並ぶピットロードへゆっくりと向かいます。
コースインすると1コーナーイン側にいきなり転倒しているライダー発見。路面が冷えているのか?と考えながらゆっくりとコースに入ったところ、マシン全体に振動が伝わり頭の中が???となり、無理をせずスロー走行のままイン側を走りピットへ。
振動の原因はタイヤでは無いか?と疑い前後タイヤのビートを確認しますが、特に問題は有りません。アクスルシャフトが緩んでいる訳でもなく、とりあえずゆっくり走って規定周回だけは回る事にして、再度コースイン。やはり症状は変わらず、スロー走行でイン側を回りましたが、馬の背進入ではマシンを正立した状態でも走行維持が難しい状態となり、更にスローペースに落として再度ピットへ。
結局リヤタイヤがパンクしていた事が判り、予選は諦めてタイヤ交換を行いました。
こんな時に限ってスペアホイルも予備のタイヤも無く、タイヤサービスに持ち込んで新品を交換する事に... 

まともに1周も走っていないので予選通過も危うい状況なので、コントロールタワーに嘆願書を出す為に向かうと、予選結果では最後尾で予選通過となっていました。 面倒な嘆願書を出す事も無く、予選結果をもってピットへ。
今回のサイレンサーテストを依頼されていた、N-PLANレーシングさんとピットで打ち合わせをしながら、決勝までの長い時間を待ちます。

4時間弱のインターバルを置いて決勝
スタート前チェックを済ませてピット前に戻り、下がってきた気温に合わせてタイヤウォーマーでタイヤを暖めます。
選手権方式でのコースインを行うため、今回はサイティングラップがあります。コースインOKのシグナルを合図に各ピットからマシンがコースに入ります。余裕でタイヤウォーマーを外し始めたところ、リヤタイヤがウォーマーと絡まりエンジンストップ。しかもスゴイ音で止まりました。
ウォーマーを外しエンジンを始動を試みるも、一発始動はおろかキックの鬼。すっかりかぶってしまっており、アクセル全開で連続キックを行い、数十回でなんとか始動。今日はどこまでついていないんだ?と思いましたが、コース閉鎖数十秒を残してコースインできました。
スターティンググリットまでの間はマシンチェック。エンジンはまだかぶりが有って重たいフィーリングですが、足回りは問題ありません。しかし流石に新品タイヤなので入念にコーナーを回って皮むきを行いました。

グリットは9列目の26番目。改めてみるとポールポジションまでの距離はかなりあります。背後にはマーシャルカーが迫ります。
1008SUGO2.jpg


いよいよスタート
スタート直後と1周目が大きな勝負のポイントです。
1008SUGOst.jpg

マシンカテゴリーが異なるSP12が多数並んでおり、シグナル消灯でのスタート直後で一気に半分位は前へ、但しタイヤに不安が有ったので無理をせず、各コーナーの立ち上がりで少しづつ前に出て行きます。
裏ストレートまでに上位陣とは差が開いてしまいましたが、ストレートで開けてコーナーは少しゆっくり目に走りシケイン進入までにはSP12の集団に追いつきますが、少し離れて同じカテゴリーのマシンが単独で引き離しに掛かっているが判りました。
シケインを立ち上げるとSP12クラスのマシンをパスし、ノーマルミニのマシンまでをコントロールラインまででパスし切りると、残りは先頭1台だけです。
しかしまだまだタイヤの不安はあり、2周目も思ったようにペースが上がりません。前との距離は広がってはいないながらもSP12をかわした勢いではありません。
3周目に入ると漸くタイヤのグリップも感じられ、ペースを上げ始めますが、今度は下りコーナーを中心にフロントの大きなチャタリング。場所によっては車体全体が大きく暴れます。 せめて少しでもマトモに走行できていればここまで酷い状態で走る事は無かったのでしょうが、決勝レースが唯一まともに走れた走行では、我慢をしながら騙し騙し走るしか有りません。
6周目で相手を交わし最終ラップ。 1コーナーで周回遅れに捕まった時には真後ろに迫られたようですが、後ろは気にする事無く走りきりチェッカー受けました。
1008sugo3hyo.jpg


SUGOのレースについてはN-PLANレーシングさんのブログにも紹介されています。

ブログランキングへ投票をお願いします
2007-10-07

色々有った

昨日からSUGOに向かい、朝から受付、車検、予選と2時間程の間でドタバタのスケジュールに追われました。
予選のトラブルで大波乱のレースでしたが、詳細は明日
1007sugo1.jpg


午後から帰路につき、20:00には自宅に到着しましたが、会社の知人からタイヤを交換したが、ビートが落ちない!との連絡を受け、急遽サポートに向かい、交換は直ぐに終わったもののおしゃべりで日が変わってしまいました。

そしてニュースでノリックの訃報を聞きびっくり!
まだデビュー前に間瀬サーキットにお父さんと練習に来ていた時から知っていたので、何とも残念なニュースです。
サーキット以外でも本当に何が起こるか判らない

ブログランキングへ投票をお願いします
2007-10-05

整備終了

整備に取り掛かる時間が遅くなり、21:00から整備開始。単純にタイヤ交換なのですが、ホイールの関係やタイヤの関係を整理しながら実際に使う以上に交換作業をこなしました。
タンクがかなりくたびれて来た事もあり、少しだけ修正を加え終わる頃には日付が替わってしまいました。
1005_01.jpg


ブログランキングへ投票をお願いします
2007-10-03

SUGO向け整備

週末のSUGOに向けて整備も追い込みですが、先の日曜日でエンジンは時間を掛けて組み上げる事が出来たので、エンジンに火を入れて様子を見てみました。
鈴鹿ではリストリクタの装着もあり、エンジンのフィーリングも重く、走行後半はエンジンの疲れも感じられたのですが、今回はまったく様変わりして始動性の改善やエンジンフィーリングが軽くなった事、レスポンスの向上など、別物?と思わせる違いです。
リストリクタ装着前と比べても違いは明白で、細かな所まできっちりと組み上げると結果が出てきます。
ワイヤーロックなど細かな整備を追加して行い、カウルを取り付け、残りはタイヤ交換で終了の予定です。
1003_nt01.jpg

ランキングは40位前後で上昇中です。 ブログランキングへ投票をお願いします
2007-10-02

パーツテスト決定

週末のSUGOは本日連絡が入り、サイレンサーのテストをする事になりました。
ブッツケ本番になりそうですが、変化を確認したいと思います。

先々日までの整備でエンジンは形になったものの、まだ車体が全て組み上がっている状態では無いので、週末までに整備も追い込みです。

ランキングは40位前後で上昇中です。 ブログランキングへ投票をお願いします
2007-10-01

鈴鹿ミニモトの特集

朝から日帰り大阪出張の旅でしたが、帰りの東京駅で時間が出来たので、本屋に寄る事が出来ました。
月刊オートバイ誌の別冊付録で鈴鹿ミニモトの特集が載っているのを確認
1001autoby1.jpg

優勝マシンの解説や、各社のボアアップキットの紹介、そして取材していたオープンクラスの各チーム写真に主要使用パーツの紹介が載せられています。
1001autoby2.jpg

しっかり取材をして頂いたので、素晴らしいまとまりで、別冊になっている点も非常にありがたいと思います。

オートバイ誌は普段購入はおろか、立ち読みもしないので数年ぶりに購入してみましたが、帰りの新幹線で読むにはちょうど良い記事の内容とボリュームで、時間が短く感じられました。

ブログランキングへ投票をお願いします

 | HOME | 

PROFILE

bar1.jpg にほんブログ村 バイクブログへ

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

バイク総合情報サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。