Challenge 4mini RACE

4ミニレースのビックイベント「鈴鹿ミニモト4耐」に、もてぎの「DE耐」にチャレンジ! バイク造りやレースレポートを公開します。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-13

2010スピードパーク新潟2&4 Rd3

2010スピードパーク新潟の2&4フェスティバル(7/11)も第3戦を迎え、県外勢が多数参加してパドックも賑わいを見せました。

ダブルエントリーも含めると
MB&SP100 10台
NSF100HRCトロフィー 12台
フレッシュマン 9台

と台数が多く、バトルも多く期待出来そうです。
100704spn0.jpg

気になるのは天候で、くもり後雨の予報通り、ところどころ雨がぱらつく中でスケジュールが進みました。


午前中は2回のフリー走行とタイムトライアル 
NSF100HRCトロフィーではフリー走行からジュニアライダーが1,2位を走りぶっちぎりの予感です。
MB50&SP100はジュニアライダー&大人だけでなく初のSP100エントリーでマシンにも注目が集まります。
フレッシュマンは学生ライダーが多数エントリーして、更に改造スクーターなども入り変わったバトルが展開されそうです。

タイムトライアルではフレッシュマンが走行する前に弱い雨が降り出し、路面が濡れ始めたことから、NSF100HRCトロフィークラスで数名のライダーがレインにチェンジ。
しかし雨は弱まり、路面もゆっくりと乾きはじめました。
予選前にカートが走行した事もあり、殆どドライでタイムトライアルスタート。途中で雨は降るもののトップは56秒台に突入して終了。レインタイヤ交換組は僅か10分でタイヤがボロボロになってしまいました。

午後からは予選レースと決勝レース

予選レースは各クラスともに5周
NSF100HRCトロフィーでは、2台のジュニアライダーが先行し、大人が後から追いかける展開。
NTRCは#1大橋3位、#71斉藤4位でチェッカーを受けましたが、2位の#4三原選手がスタートフライングにより順位を下げたことから、決勝は2番、3番グリットからのスタートです。

決勝レースは各クラス12周
MB50&SP100は予選レースからSP12vsSP100の展開になりましたが、#8板屋越選手の貫禄勝ちになりました。
100704spn11.jpg

NSF100HRCトロフィーはスタートからグリット順通りの展開
100704spn1.jpg

スタートから#56杉山選手が先行
2,3位はNTRCの2台が追走します。
100704spn2.jpg

しかし早くも3周目には#4三原選手が2番手に浮上。1、2位から次第に3位以降が離れてしまいます。
100704spn3.jpg

熾烈な争いを見せたのは4位争い。4台による4位争いは最後まで抜きつぬかつ熾烈な争いになりました。
100704spn5.jpg

4位で争っている間に3位は単独走行。 1,2位はどんどん離れてしまいました。
100704spn4.jpg

結局4位争いは#71斉藤が制し、NTRCは3,4位。大人順位としては1,2位でのフィニッシュ


表彰台では6人のライダーが表彰を受けました。
100704spn6.jpg

各クラスの結果はこちらからも確認できます。

ブログランキングへ投票をお願いします


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ntrc.blog49.fc2.com/tb.php/536-af856738

 | HOME | 

PROFILE

bar1.jpg にほんブログ村 バイクブログへ

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

バイク総合情報サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。