Challenge 4mini RACE

4ミニレースのビックイベント「鈴鹿ミニモト4耐」に、もてぎの「DE耐」にチャレンジ! バイク造りやレースレポートを公開します。

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-21

仙台ハイランドミニバイク耐久シリーズ第4戦

早くも今年最後の仙台ハイランド耐久シリーズ。
前回の6時間耐久(8月1日)でランキングもほぼ決定していますが、最後の締めくくりとして参加しました。
最終戦はいつも台数が少なく、トータル20台のエントリーですが、NSFクラスだけは逆に増え8台のエントリーがあり、いつもとは違った雰囲気に...

NTRCからは2台のエントリー
100918hi1.jpg


天候はくもり、ようやく猛暑も落ち着き風も少しヒンヤリした中でフリー走行
山形、新潟のレースではマシンの実力が計れないので、どの程度走ってくれるのか?確認です。

前回の6時間では本番でミッション、キャブと大きなトラブルが重なってしまい、歯がゆいレースだっただけに今回はしっかりと整備を進めたつもりでしたが...

なんと前回のベストラップにも届かないタイム! 凹みます。(ーー;)

予選までの間で予定していた整備を進め、2時間近く空いていた時間を全て使い果たし、予選に臨みます。

予選はSP12のスリップなども利用しながらフリーから2秒弱の短縮ができたものの、まだベストには遠く及ばず、#4大橋は総合順位は12位、クラス2位で予選終了。#13市野渡は総合15位、クラス4位でした。



決勝前のコースイン前
#13市野渡は1時間走りきる事ができるのか???
100918hi2.jpg


決勝はスタートから各順位で少しづつ差が広がり、淡々とした展開。
#3GPSガレージaZ組が予選最後尾から追い上げ、一気にクラス2位へ
#4大橋はペースを守りながらクラス3位を単独走行。
#13市野渡は終盤で転倒。ヘアピンでの転倒でダメージは少なかったものの、クラス8位でのフィニッシュでした。
100918hi3.jpg

ブログランキングへ投票をお願いします


2010-09-12

スピードパーク新潟2&4 Rd4

スピードパーク新潟の2&4も第4戦を迎えましたが、当初の開催予定から1週間ずれての開催となり、スケジュールが合わない人などもおり、台数は少なめになりました。

朝のコースは夜半に大雨が降り、水溜りの出来る状態、大雨洪水警報が発令される中ですが、フリー走行までにはライン上は乾き、何れのクラスもドライ路面に近い状態で走行できました。

100911spn.jpg

フリー走行2回、タイムトライアルと午前中は晴れたまま終了。

午後は予選レース、決勝レースと順調に進みます。
MB50クラスの決勝
100911spn1.jpg

予選レースに続き#56杉山選手がトップを快走
100911spn2.jpg

激しい2位争いを演じた、今回大注目の#11丸山選手と#9の植木選手
還暦を迎え、SPN2&4初登場となる丸山選手はこのまま前を走り、トラブルで杉山選手が途中リタイヤとなった後はトップでチェッカーを受けました。 往年の走りは健在!
100911spn3.jpg

NSFクラスは全8台。
予選レースから激しい争いでタイムトライアルの順位から入れ替わりがあり、決勝レースも波乱含みになりましたが、前のカートレースが15分ほど伸びて、遅れたコースインが災いしてこの日初めて、突然の雨が降り出し、協議の結果ウェット宣言の元、タイヤ交換時間を作ることに...
25分ほど遅れて再コースインする頃には雨も止み、路面も乾き始めました。

決勝はスタートから混戦となり、2周目の最終コーナー手前で多重接触転倒。
1位、2位と3位集団の差が大きく開き、勝負が付いたかに見えましたが、レースが進むと各順位でバトルが展開され、それぞれに激しいレースになりました。

NSF100 決勝結果
1 #56 杉山
2 # 1 大橋
3 #11 阿彦
4 #79 斉藤
5 # 9 久保
6 # 3 五十嵐
7 #71 斉藤
8 # 4 阿部


...カメラマンいないので写真なしです...(^_^;) 



MBクラスの表彰式
還暦を迎えても表彰台の頂上に立つ丸山選手
100911spn4.jpg

NSFクラスの表彰式
100911spn5.jpg

ブログランキングへ投票をお願いします


2010-08-30

カートソレイユ最上川 Rd3 ヒート2

午後からのヒート2も暑い日ざしが照りつける中スタート

グリットは午前中のタイムアタック順に整列します。
100829soleil21.jpg

スタート1周目、午前中は半数のライダーが転倒したこともあり、慎重なスタートになりました。
100829soleil22.jpg

ヒート1に続き、序盤は2台のバトルになりましたが、少しずつ差が出来始め...
100829soleil23.jpg

ヒート1のリベンジを果たしました。
100829soleil24.jpg

SPクラスも午前のタイムアタック順に整列
100829soleil255.jpg

スタートからヒート1同様に各順位ごとにバトルが展開。またも5位争いは抜きつ抜かれつのバトルへ
100829soleil26.jpg
結局ヒート1と同じように終盤で前に出られてしまい、そのまま差が付いて6位でフィニッシュになりました。


NSFクラスは新潟県勢が表彰台を独占。いつも以上にシャンパンシャワーも盛り上がりました。
100829soleil27.jpg

ブログランキングへ投票をお願いします


2010-08-29

カートソレイユ最上川 Rd3

久しぶりの更新です。

8月は仙台ハイランドの6時間耐久がありましたが、更新のタイミングを逸してしまいました。(^_^;)

8月29日(日)カートソレイユ最上川の第3戦にエントリー
第2戦が中止となったことから、実質の第2戦になりました。

猛暑の中、午前/午後の2ヒート制で行なわれ、参加者全員が暑さとの戦いになりました。

NSFクラス第1ヒートはスタートから1、2を形成
100829soleil1.jpg

1周終了すると3位以下とは大きく差が出来始めていたものの
100829soleil2.jpg

2人とも2周目で転倒。
その後は怒涛の追い上げを見せ
齋藤がヒート1を制しました
100829soleil25.jpg

SPクラスは久しぶりに台数が集まり、各順位でバトルが繰り広げられました。
ヒート1では中盤まで単独5位を走行していた吉田
100829soleil3.jpg
徐々に6位に詰め寄られ、バトルに...
100829soleil4.jpg

結局6位でチェッカーを受けました。

ヒート2は後ほど...

ブログランキングへ投票をお願いします



2010-07-21

NSF100フレーム クラック

NSF100の点検を行なっていたところ、フレームのクラックを発見

エンジンを下ろして細かくみてみると
100719nsf1.jpg

エンジン後方クラッチ側のエンジン取りつけ部分が見事に折れてしまいました。
この影響でスイングアーム下もクラックが入っていました。
100719nsf2.jpg
NSF100のフレームにクラックが入るのは珍しく無い事ですが、チーム内では比較的トラブルの少ないと言われている06モデルが多かったので、初めてのトラブルです。
08以降のモデルはもっと短期間でクラックが入るらしく、細かな点検が必要なようです。

同じエンジンでAPE、XRは大丈夫なので、NSR系のフレームに載せているのはやはり無理があるのでしょうか。

後日フレームは溶接修理です。(^_^;)

ブログランキングへ投票をお願いします


2010-07-13

2010スピードパーク新潟2&4 Rd3

2010スピードパーク新潟の2&4フェスティバル(7/11)も第3戦を迎え、県外勢が多数参加してパドックも賑わいを見せました。

ダブルエントリーも含めると
MB&SP100 10台
NSF100HRCトロフィー 12台
フレッシュマン 9台

と台数が多く、バトルも多く期待出来そうです。
100704spn0.jpg

気になるのは天候で、くもり後雨の予報通り、ところどころ雨がぱらつく中でスケジュールが進みました。


午前中は2回のフリー走行とタイムトライアル 
NSF100HRCトロフィーではフリー走行からジュニアライダーが1,2位を走りぶっちぎりの予感です。
MB50&SP100はジュニアライダー&大人だけでなく初のSP100エントリーでマシンにも注目が集まります。
フレッシュマンは学生ライダーが多数エントリーして、更に改造スクーターなども入り変わったバトルが展開されそうです。

タイムトライアルではフレッシュマンが走行する前に弱い雨が降り出し、路面が濡れ始めたことから、NSF100HRCトロフィークラスで数名のライダーがレインにチェンジ。
しかし雨は弱まり、路面もゆっくりと乾きはじめました。
予選前にカートが走行した事もあり、殆どドライでタイムトライアルスタート。途中で雨は降るもののトップは56秒台に突入して終了。レインタイヤ交換組は僅か10分でタイヤがボロボロになってしまいました。

午後からは予選レースと決勝レース

予選レースは各クラスともに5周
NSF100HRCトロフィーでは、2台のジュニアライダーが先行し、大人が後から追いかける展開。
NTRCは#1大橋3位、#71斉藤4位でチェッカーを受けましたが、2位の#4三原選手がスタートフライングにより順位を下げたことから、決勝は2番、3番グリットからのスタートです。

決勝レースは各クラス12周
MB50&SP100は予選レースからSP12vsSP100の展開になりましたが、#8板屋越選手の貫禄勝ちになりました。
100704spn11.jpg

NSF100HRCトロフィーはスタートからグリット順通りの展開
100704spn1.jpg

スタートから#56杉山選手が先行
2,3位はNTRCの2台が追走します。
100704spn2.jpg

しかし早くも3周目には#4三原選手が2番手に浮上。1、2位から次第に3位以降が離れてしまいます。
100704spn3.jpg

熾烈な争いを見せたのは4位争い。4台による4位争いは最後まで抜きつぬかつ熾烈な争いになりました。
100704spn5.jpg

4位で争っている間に3位は単独走行。 1,2位はどんどん離れてしまいました。
100704spn4.jpg

結局4位争いは#71斉藤が制し、NTRCは3,4位。大人順位としては1,2位でのフィニッシュ


表彰台では6人のライダーが表彰を受けました。
100704spn6.jpg

各クラスの結果はこちらからも確認できます。

ブログランキングへ投票をお願いします


2010-07-11

SUGOミニバイク6時間耐久 その3

アクシデントから仕切りなおしのスタート
みんながアクシデントを意識してか、今度は無事にスタートが切られました。
100709sugo1.jpg

#71組は2時間のローテーション NSFはパワーが無く遅いので体への負担は少ないものの同じ格好で2時間走り続けるのはさすがに疲れます。
100709sugo2oh.jpg

#13組は45分前後でのローテーション 無理の無いペースで走ります。
100709sugo3cho.jpg
100709sugo4jun.jpg


2時間経過時点では
#71組 52位 ノンストップ作戦が功を奏して74位からジャンプアップです。 NSFクラスでは2位へ
100709sugo5sai.jpg

#13組 78位 こちらも96位から着実に順位を上げています。 NSFクラスでは7位
100709sugo6yos.jpg

4時間を経過するころから雨が降り出しました。
#71組は44位と順位はあまり変動がありませんが、NSFクラスのトップとは1周差がついての3位。上位2台はちびっ子チームでラップがまるで違います。 果たして逆転なるのか?

#13組は61位とこちらは大幅に順位が上がって来ました。

100709sugo7jun.jpg

4時間で降った雨は転倒者が続出。SUGOの路面は本当に恐ろしいほど滑ります。
しかし次第に路面が乾き始めま、いち早くペースアップする事で挽回を図ると...
雨でNSFのトップは転倒。雨でペースも上がらず、2位チームがトップへ。
乾き始めた路面がまたまた降って来た雨でまたしてもペースが落ちてしまいます。
#71は2位チームに追いつくべくペースアップをはかりますが、2コーナーでスリップダウン
再スタートして更に追走するものの、結局この転倒が最後まで尾を引き約26秒差のクラス2位総合35位
100709sugo8oh.jpg

#13チームはノントラブルで走りきり、クラス5位 総合49位でした。
100709sugo9_13.jpg

コンディションが目まぐるしく変わる非常に難しいレースでしたが、運にも恵まれてちびっ子チームに迫るレースが出来ました。

ブログランキングへ投票をお願いします



2010-07-08

2010SUGOミニバイク耐久 その2

SUGOのミニバイク耐久はエントリー106台。
クラスが多数あり、全てのクラスが混走となるため、スピード差がかなり出てきます。
NSFクラスはフルノーマルでもあり全車両の中では一番遅いクラスに位置します。走行前からスピード差については覚悟しているものの、SUGOはストレートも長く台数も多い中で無事に走りきれるか?不安がよぎります。
100708sugo1.jpg
早朝に降った雨の影響で予選奇数組のコンディションはウェット
SUGOの路面はウェットコンディションになると非常にスリッピーなため、慎重に周回を重ねますが、徐々にコンディションは回復して、予選終了前にはライン上が乾き始めました。偶数組のコンディションはよりドライ近づき、最初は様子見だったものの、後半はドライコンディションと変わらないタイムが出始めました。
奇数組、偶数組のコンディションの差を考慮して頭取りで決勝グリットが決められました。

スタートは恒例のルマン式。
台数が多いので他のサーキット同様にスタートは前半、後半に分かれます。
NSFクラスはマシンの差が有りすぎて、#71組はNSFクラスの奇数1位ながら総合74位で後半スタート組。#13チームも総合96位からのスタートと後方から追い上げをめざします。

100708sugo2.jpg

スタート直後に大アクシデント!
スタート前半組で多重クラッシュが発生し、後半組はスタートを切る前に赤旗中断になってしまいました。
100708sugo3.jpg

事故処理を行なうため全車ピットに戻り、再スタートは30分遅らせて、この分は時間短縮。5時間30分のレースとして仕切りなおしになりました。

つづく

ブログランキングへ投票をお願いします


2010-07-04

2010SUGOmini bike6時間耐久

毎年この時期に行なわれているSUGOのミニバイク6時間耐久ですが、久しぶりに参加しました。

目まぐるしく路面コンディションが変わる難しいレースでしたが、2チームが無事に完走を果たしました。

#13チーム 齋藤
100704sugo_cho.jpg

市野渡  
100704sugo_jun.jpg

吉田
100704sugo_yosh.jpg

#71チーム 大橋
100704sugo_oh.jpg

齋藤
100704sugo_sai.jpg

#13は総合49位 NSFクラス5位
#71は総合35位 NSFクラス2位でした。
詳細は後日アップしたいと思います。

100704sugo1.jpg

ブログランキングへ投票をお願いします


2010-06-13

スピードパーク新潟2&4フェスティバルEx-Rd

スピードパーク新潟の2&4フェスティバルEx-Rdとしてミニバイク3時間耐久、カート2時間耐久レースが行なわれました。
朝8時のゲートオープンには沢山のエントラントが駆けつけ、パドックは満員御礼。
100613spnex1.jpg

午前中のミニバイクレースは20台のエントリーが集まりました。

10:30のスタート前に急遽行なわれたフリー走行の様子。
100613spnex2.jpg
100613spnex3.jpg

初心者からベテランまで、沢山のライダーが一同に走行します。

フリー走行の関係で予定されていたスタートは10:30から10:50に変更

くじ引きで決められた位置からルマン式スタートで一斉にスタート
100613spnex4.jpg
100613spnex5.jpg


スタートから2、3周で混雑も緩和されてきたのと同時にバトルが展開され始めました。
100613spnex7.jpg

今回の天候はくもりですが、梅雨前の蒸し暑い気温がライダーの体力を消耗していきます。
もともとスピードパーク新潟はタフなコースで連続走行が大変なコースでもあり、比較的早い周期で各チームがピットイン、ライダー交代を行なっていきます。
100613spnex8.jpg


マシンは2サイクル50ccのチャンバー付き、ノーマル、NSFとそれぞれが混走で走行しますが、早いペースの2サイクルチームがピットインしていく中で、上位はNSFが残りコンスタントに周回を重ねて行きます。

100613spnex9.jpg

100613spnex91.jpg

100613spnex92.jpg

3時間走行のチェッカー
100613spnex93.jpg

NTRCのチーム成績は
 #1 大橋、齋藤組 176周(2位)
 #4 吉田、阿部、田中組 153周(14位)

#4は走行中からパワーが出ていない状態でしたが、走行後エンジンのトラブルが判明。
残念な結果になってしまいました。

今回は表彰台のみならず上位8チームがお立ち台で表彰です。
100613spnex94.jpg

1位 #74 177周
2位 #01 176周
3位 #19 175周
4位 #01 173周
5位 #34 171周
6位 #02 168周
7位 #09 168周
8位 #64 167周

参加されたみなさん。ピット・応援で来られた皆さん、オフィシャルの皆さん大変お疲れ様でした。

ブログランキングへ投票をお願いします

« | HOME |  »

PROFILE

bar1.jpg にほんブログ村 バイクブログへ

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

バイク総合情報サイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。